6月, 2017年

高齢者用肺炎球菌の定期予防接種が開始

2017-06-01

平成2941日から、今年度も高齢者用肺炎球菌の定期予防接種が開始になりました。
接種を受ける際は、事前にワクチンの在庫の有無をお電話等で確認されてから、ご自宅に郵送されている予診票を当クリニックまでお持ち下さい。

【接種対象者】(対象者1,2の方にはお住まいの自治体から個別通知がありますが、中間市在住の方には個別通知はありません)

1.65歳以上で、平成29年度に次の年齢になる方

平成28年度の対象者
65歳   (昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生)
70歳   (昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生)
75歳   (昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生)
80歳   (昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生)
85歳   (昭和6年4月2日生~昭和7年4月1日生)
90歳   (大正15年4月2日生~大正16年4月1日生)
95歳   (大正10年4月2日生~大正11年4月1日生)
100(大正5年4月2日生~大正6年4月1日生)

2.60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級程度)

【接種方法】
1回接種(現時点では公費接種は一人1回限りです)
※任意としてすでに接種している方は、対象外です。
※定期接種開始(平成26年10月1日)前に自費で接種した費用についての返金はありません。

【自己負担】
※自治体による公費負担制度が有り、北九州市民の方は自己負担金は4,300円になり、中間市民の方は2,500円になりますが、自己負担金が免除になる場合も有りますので、詳細は当クリニックやお住まいの自治体にお問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2012 山脇内科クリニック All Rights Reserved.